SNSに嫁の愚痴を書いてたのがきっかけで…

「捨てる神あれば、拾う神あり」なんて言葉がありますが、私の不倫もそのような形で始まりました。

結婚8年、専業主婦の妻と幼稚園児の子が二人います。

休みの日には子供たちを公園に連れて行ったり、長期休暇には家族旅行も欠かしません。

週末には習い事の送迎を私がすることもありますし、良きマイホームパパを頑張っていますが、妻は「今時のパパは育児を手伝うのが当たり前」とばかりに全く私には関心なし。

「いつもありがとう」の一言もありません。

でも、私は毎日汗水たらして、嫌な上司や客にも頭を下げて仕事をし、家族を養っているのです。

妻は「専業主婦の仕事は大変」アピールするものの、しょっちゅうママ友とランチに出かけ、部屋は常に散らかり、食事もレトルトがしょっちゅう食卓に上ります。

「ちゃんと家事をしている専業主婦は大変だろうけど、お前はその部類ではない!」

と、声を大にして言いたい!

でも、言ったら大変なことになる・・・というわけで、何年もうちにイライラを秘めて生活していました。

でも、SNSで妻への愚痴を発散する方法を思いつきました。

誰に向けるわけでもなく、日々ぶちあたる妻へのイラだちをそのSNSに記していたところ、ある女性からアプローチされるようになりました。

虐げられている私が可哀想で放っておけない、と。

初めは挨拶から始まり、世間話、徐々にプライベートに近いやり取りをするようになり、しいては不倫に発展してしまいました。

まさかSNSに書き込んだ妻への愚痴が不倫のきっかけになるなんて思いもせず、運命の不思議を感じています。

ちなみに、不倫相手の女性は虐げられている私への同情から近付いてきたわけではないそうです。

私が載せていた愚痴は

「亭主が300円の社食なのに、お前はホテルで3000円のランチするんかい!」

「『子供たちとディズニー泊りで行くけど、あなたは行かないよね?仕事あるもんね。』って俺の存在価値どこだよ」

みたいな、悪口というよりは自虐ギャグみたいな愚痴です。

鬼嫁にしいたげられる可哀想なパパへの悲壮感が漂うと共に、面白そうな人だと思ってもらえたみたいです。

彼女とは月2回ほど会う関係です。

妻にバレたら大惨事が訪れること間違いないので、絶対のトップシークレットであらゆる記録は残さないようにしています。

SNSで出会ったのに、今はそのアカウントは閉めて新たなアカウントに変えました。

不倫のおかげで妻へのイラだちもスルーできるようになり、平和で楽しい日々を送っています。

SNSのレスが速い女は不倫に向いている説

SNSが普及するとともに、増えているというのが不倫です。

利用していれば新たな交流関係が生まれますし、昔の知り合いとネット上で再会することもあります。

ネット上のやり取りで気が合えばリアルで会うようになり、やがて不倫関係に陥ることも珍しくはありません。

不倫相手を探すために使う男もいるほど、新たな出会いの場として利用されています。

そんな不倫の原因とも言えるSNSですが、レスの早い女は不倫に向いているという説があります。

なぜこんな説があるのかというと、素早い反応には女の様々な心理状態が隠されているからです。

基本的にSNSのレスが早い女は、寂しがりやと言われています。

リアルの世界で男に相手にされないと、女は寂しくなるものです。

そんな状態のときに、ネット上で男から反応があれば、寂しがりやの女はそれだけで嬉しく感じてしまうでしょう。

ちょっとした書き込みにも男が反応してくれれば、つい間をおかず反応してしまいがちです。

また、寂しがりやの女ほど、相手のことを必要以上に気にしています。

例えば、軽い気持ちで反応した男に対しても、相手に嫌な気持ちにさせたくないと思い込んでしまい、女は素早く反応してしまうものです。

こうした相手の気持ちを必要以上に気にする女は、流されやすいです。

男からSNSからリアルで会おうと誘われると、断るとネットでの関係が途切れてしまうと思い込み、誘いに応じてくれます。

誘いに応じて実際に会えば、あとは男の術中にハマってしまうでしょう。

誘われるがままに身体の関係を持ってしまい、気が付けば不倫をしていたというパターンはよくあります。

つまり、SNSのレスが早い女は寂しがりやであったり、流されやすい女だったりするので、不倫に向いていると言われてしまうわけです。

しかし、女からするとそれなりに気になる男でなければ、素早い反応はしません。

気になる男から反応があれば嬉しくてすぐに反応しますが、興味のない男からレスが来てもどうでもよいです。

目の前の仕事だったり家事を優先させて、本当にどうでも良い男なら反応すらしないでしょう。

なので、レスが早い女は寂しがりや、流されやすいから不倫に向いているといえる反面、そもそも男に気があるから反応が早いとも言えるわけです。

ただ一つハッキリ言えるのは、男がSNSを使って不倫相手の女を探すときには、反応してくれるまでのスピードに注意しておくと、成功率が上がるということです。

既婚者しか登録できない不倫専門SNS 本当に相手は見つかる?

妻とは長年の結婚生活でマンネリしてしまっていて、夜のコミュニケーションも殆どない状態で刺激を求めていました。

でも、そう出会いのきっかけもない時代と年齢だし、ましてや既婚者となれば女性と出会うのは難しいだろうなという気持ちも持っていました。

そんな時に友人から既婚者しか登録することができないSNSがあるということを教えてもらい興味が湧きました。

最初はもちろん半信半疑だったし、SNS利用したことで何かトラブルに巻き込まれないかなという心配もありましたが、試しに使ってみようかなという気持ちも芽生えてしまい、物は試しと利用してみることにしました。

実際に利用してみると、不倫したいと感じていたり新たな刺激を求めている人がこんなにいるんだということにびっくりしたし、何より女性で利用している人がイメージしていたよりもはるかに多くて、不倫したいと考えるのは男だけに限ったことではないんだなとびっくりしました。

気になるプロフィールを見て連絡してみたりもしました。

メッセージを送ったり、何かと料金は発生しましたが利用してみると割ときちんとした内容なんだなということも分かったし、長く関係を続けていきたいという人もいれば、一夜限りというのもあったり、なんだかすごい時代なんだなと思いましたが、最初は客観的に見ている立場といった感じでした。

でもある時一人の女性のプロフィールを見て、なぜかとても強く惹かれるものを感じ連絡をしてみたところ相手からメッセージが返ってきて互いに不倫関係を望んでいるということもわかり、しばらくの期間連絡をやり取りしてから、実際に会ってみようという話になった時には、本当にドキドキしました。

まさか騙されていないかなという不安と、まだ顔をはっきりとした写真で見ていなかったのでどんな人かなというワクワクもありました。

実際に会ってみると、とても綺麗でありながら可愛らしい雰囲気の人で、こんな人が不倫専門SNSを利用しているなんて、想像もできないなと思いました。

その後は食事に行き、ホテルにもいきました。

互いに今の相手の離婚するようなつもりは全くないし、不倫関係で良好なら今後も関係を続けていこうというスタンスなのでとても気楽です。

不倫専門のSNSで、まさか本当に良い相手に出会うことができるとは思わなかったので、びっくりしたの一言につきますが、なんでも試してみるべきなんだなと実感する経験となりました。

子供バレがいちばん厄介…SNSの拡散力に注意

夫婦関係がどれだけ冷え切っていようとも、夫婦がお互いに不倫を楽しんでいようとも、子供との関係性が正常でさえあれば「親としての責任」を果たすことはできます。

夫婦関係を良好なままで維持し続けることはけっして簡単ではなく、形としての夫婦は継続していたとしても、その実、関係は完全に破たんしてしまっている夫婦などごまんといます。

そうした生活の中、「子どものため」などの理由を付けて離婚をせずにい続けるために、気晴らしも兼ねて不倫を楽しむ男性は少なくありません。

また、特に家庭環境に問題がない場合でも不倫を楽しんでいる男性は少なくありませんが、そういう状況ならばこそ細心の注意を払う必要があります。

なぜなら、不倫は自身がどれだけ気を付けていても発覚してしまう可能性があるからです。

たとえば、相手の女性が一緒にいるところをSNSにアップしたところ、それを子どもが発見して奥さん伝えることによって、夫婦関係だけでなく親子関係までにも深い溝が走ってしまう可能性があります。

もっとも、「SNSバレ」の可能性は子どもを通してだけではありません。

奥さんが直接発見する可能性も十分に考えられますが、その場合は夫婦間の問題に止まることも少なくないので、子供との関係に亀裂が入らずに済むことも多いです。

近年、多くの女性がSNSを通してさまざまな情報発信ならびにコミュニケーションをとるようになっています。

面と向かって直接コミュニケーションをとる場合であれば何とでもなりそうな問題だとしても、顔が見えない関係だからこそ予想外の方向に発展してしまうことも多くなります。

これはポジティブな方向性で発展することも多いのですが、万が一にもネガティブな方向に発展してしまう場合があることを踏まえてリスクヘッジをすることが大切です。

SNSに写真をアップする際、「顔バレ」がないように画像を加工したり、顔が映らないように撮影した画像をアップするなどの対処をすることもあります。

たしかに、そうすることによって本人だと発覚してしまうリスクを軽減することはできます。

しかし、非常に近しい関係の人にとっては、顔が見えなくともモザイクの奥に移る印象、体のシルエット、手の形、ほくろの位置などから本人を特定することは難しくありません。

男性はそういったリスクを察知することに長けているので墓穴を掘ることは少ないのですが、女性は感覚的に行動してしまうことが多いので注意が必要です。