私は25歳の時に結婚し、それから3年がたちました。

まだ子供はいなく、毎日ラブラブな生活を送れていると思っています。

しかし妻が浮気をして、このラブラブな生活が破綻してしまう心配がないと言えば嘘になります。

妻のことは信用していますが、魔が差して浮気に走る人もいるので、やはり心のどこかでは心配しています。

このため私は常日ごろ、妻が浮気しないように様々な予防策を立てています。

今からその予防策について紹介しますが、人によっては私の予防策に苦言を呈したいという人もいるかと思います。

あくまでも私の考えであるため、参考程度にしていただけるとありがたいと思います。

予防策のひとつめとして、適度な距離感を保つということです。

親しき仲には礼儀ありという言葉があるように、いくら夫婦であっても、相手に対して何をしてもよく、何をしても許されるわけではありません。

干渉しすぎたり、束縛しすぎたりすると、心は離れていくでしょう。

そのため私は、距離感を保つことを大切にしています。

妻も仕事をしているので、いろいろな付き合いがあるでしょう。

大切にしていることは、妻のすべてを把握しようとは思わないということです。

仕事のスケジュール的なことは一応把握したいと思いますが、ある程度は相手を放っておくことも大切だと思っています。

次に自分自身が自立をすることです。

経済的にも精神的自立をしていなければ、浮気をしても最終的には許してくれるだろう、どうせ離婚できないだろうと相手に思われてしまいます。

経済的自立はできていますが、私に必要なのは精神的自立です。

相手に依存しない、相手に頼り切らないように、自分の時間や自分の考えも大切にしています。

そして結婚はしましたが、いつまでも恥じらいを持つように気をつけています。

結婚して家の中ではパンツ1枚でうろうろしているというお父さんもいるようですが、私はできるだけ、はしたない格好を控えるようにしています。

そして最後に、私にとっては魔法の言葉があります。

それは「気付かないように浮気してね」という言葉です。この言葉は、私の妻も私に対して使いますが、私も時々言うようにしています。この言葉を聞くと、浮気をしていいんだと感じるかもしれませんが、反対に浮気をしたいとは全く思わなくなります。

これらが私が日頃から実践している予防策です。

万人向けの内容ではないかもしれませんが、参考につながればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です