私の夫は、5年前に浮気をしました。

浮気が発覚したのは、私が夫の携帯電話を見たことによります。

それまでにも、なんだかおかしいと思うようなことは多々ありました。

そしてその日は、いつもは肌身はなさず持っている携帯電話をリビングのテーブルに置いてお風呂に入りにいったのです。

そしてちょうど良く、浮気相手から連絡が来たのです。

夫がお風呂に入っている時に、ちょうど電話が鳴りました。

私は仕事の電話だったら困ると思い、悩んだ末、電話に出てみました。

すると相手は可愛らしい女の子で、夫が出たと思ったようで、急に話を始めたのです。

私は何も言わずに電話を切り、すぐに夫の携帯電話をしらべました。

すると携帯電話の中には浮気の事実がたくさん詰まっていたのです。

お風呂から出た夫にそのことを告げました。

すぐに喧嘩になり別々の部屋で寝ましたが、冷静に考えると、私は別れる気は全くありませんでした。

子供も小さく、私が幼いころ両親は不仲だったので、温かい家庭にあこがれを持っていたのです。

それは夫も同じだったようです。

浮気をしてしまったけれども、まったく別れるつもりはなく、再構築したいと思ったようです。

私は再構築に向けて様々なことを考えました。

まず一番大切なことは根本的な解決を目指すことだと考えました。

一時的なその場しのぎで解決をするのではなく、問題の根本的な部分を直さなくては、この先夫と生活していくことはできないと思いました。

もちろん浮気をした夫が悪いとは思いますが、それを一方的に攻めて喧嘩をしていては、解決は見込めないと思いました。

最近の夫婦関係について考えると、私にも思い当ることがいろいろとありました。

育児に疲れてしまい、仕事で疲れて帰ってきた夫にグチをぶちまけてしまったり、私の体重も結婚した頃に比べると10キロも太ってしまいました。

私にも努力が足りなかったのだと痛感しました。

その後、夫としっかり今回のことについて話し合いをしました。

なぜ浮気をしたのか問い詰めるのではなく、どうすれば今後仲よく夫婦関係を続けていけるのかを主に話し合いました。

浮気によって壊れてしまった夫婦関係の修復には非常に時間がかかりました。

しかし長い目で夫婦関係を修復するための努力を、私も夫も努力しつづけました。

これにより時間はかかりましたが、夫婦関係を再構築することができました。

このことがあって、つらい思いもしましたが、今では夫婦のお互いの信用がさらに深まる経験となったように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です