携帯を勝手にチェックする嫁が許せない!

私の妻は私のスマートフォンを頻繁にチェックしています。

以前、私は浮気をしてしまったことがあり、その際にも嫁が私のスマートフォンを勝手にみたことにより、ばれてしまいました。

その際に私はもう絶対に浮気はしないということを誓い、夫婦関係を再構築しました。

しかしこのことがきっかけで、さらに嫁の携帯チェックはひどいものとなりました。

もう浮気はしないからやめくれと言っているのですが、何度もそのことで喧嘩にもなりました。

やはり旦那の浮気や不倫を疑った際に真っ先に見たくなるのはスマートフォンだと思います。

今の時代、浮気相手と連絡を取る手段としては、間違いなくスマートフォンが使われます。

通話はもちろんのこと、メールや SNSを通して連絡をしていることも考えられます。

つまり浮気だけに限らず、携帯電話は個人的な情報が満載だということです。

いい加減に嫁がスマートフォンを勝手にチェックすることをやめさせたいのですが、家族の携帯電話やパソコンを勝手に見たとしても、よほどのことがない限り罪にはならないそうです。

しかしSNSなどの、アカウントとパスワードが必要なサービスに勝手にログインをすることは、法律に触れるため、やってはいけないそうです。

さすがに嫁はそこまではしていないようです。

以前、スマートフォンを見られた際には、メールのやり取りや通話履歴など、すべてを写真に収められてしまいました。

この写真が証拠となり、私の浮気相手は、慰謝料請求までされてしまったのです。

このような場合に、自分で証拠を押さえておかなければ、後で見せろといわれた時に、履歴を削除されていては証拠は残りません。

通信会社も、個人の浮気チェックのために削除された履歴を復元することはしてくれないでしょう。

証拠を見つけたらとりあえず写真を撮るということが基本であり、妻は携帯チェックをやめられないのです。

どうせスマートフォンを見るのであれば、私に断ったうえでやってほしいものです。

いつもこのことで喧嘩になります。

私に話してくれれば、私からスマートフォンを差し出すし、SNSも閲覧してもよいと思っています。

浮気をしている場合には、このような場所にうっかり写真を載せている可能性もあるので、怪しいところはないか確認することができるのです。

インターネットが普及するようになり、浮気をしやすい環境になりましたが、それを逆手にとって、決定的な証拠をつかむための一つの手段にもなるのだなと痛感しています。

手を繋いで歩いただけで浮気になるなんておかしくないですか?

浮気が発覚して喧嘩になった糖経験がある人は多かれ少なかれ居ます。

しかし、喧嘩に発展した行為というのは人それぞれですよね。

流石に肉体関係を持ったことや一泊お泊りしたことが発覚したらこれはもう完全な浮気です。

怒る側の言い分が全面的に正しいです。

裁判の場合でも肉体関係は明らかな不貞行為として不倫と認められるくらいですから。

しかし、中には異性を手をつないだだけで浮気だと喧嘩になったケースも中には存在します。

自分以外の異性と手をつなぐという事は浮気になるのでしょうか。

このケースは男性よりも女性の方が浮気であることを強く認識することが多いです。

自分以外の女性と手をつないでいることが発覚した場合、助成の心の中には様々な葛藤が生まれるのです。

まず、最も大きく感じるのが敗北感です。

付き合っているのであれば肉体関係も持っているでしょう。

しかし手をつないでいるだけの間柄であれば、肉体関係にまでは発展していません。

しかしながら嫌いな異性の体に触れたいとは思いませんよね、つまり少なからず自分の彼氏は自分以外の別の女性に心を奪われているというわけです。

この事を想像して強烈な敗北感に襲われるというわけです。

また、境界線としてものすごくあいまいだというのも彼女側からすればとても嫌なのです。

肉体関係やキスにまで発展すればだれがどう見ても浮気をしていると認識できるので味方になってくれる人も多いですが、そこまでに発展していないだけに、誰かに相談したとしても味方になってくれないばかりか逆に非難される場合もあります。

こちらからも追及して終わらせることもできないし、手をつなぐまでの間柄であれば二人の関係は途切れることはなく、これから先も続いていくことは明白です。

明らかに怪しい二人の関係がこれから先も続くというのは彼女にとってはとても嫌な事です。

そして、それ以上踏み込まない彼氏自身に対してもものすごく葛藤が生まれます。

もしもそこまでの関係で自分の彼氏が満たされているとしたら、その女性に対して自分の彼氏は身体以外の何かとてつもない魅力を感じていると考えられます。

それは話していてとても面白いのか、彼氏のマニアックな趣味について行けるほどフィーリングが合うのかは分かりませんが、自分にはない魅力をその女性に感じていることは間違いありません。

そんなことを考えるだけでイライラしてしまうのです。

このように一見軽く見られがちですが、彼女にとっては十分浮気を疑う要素がある行為であると言えます。

夫婦喧嘩が子供の心のトラウマを残すことも…

人間は何歳になっても完璧な存在にはなれません。

それは大人になれば理解できることなのですが、子どもから見れば大人というのは完璧な存在で、特に自分の両親というのは絶対的な存在です。

愛する対象としても甘える対象としてももっとも必要な存在なのですが、そんな2人が喧嘩をしている姿というのは子どもにとっては大きなトラウマとなってしまうケースが多いのです。

大人は日々様々なことに悩んでいます。

仕事の悩み、育児の悩み、お金の悩みなど様々です。

そんな日常から目をそらしたくて浮気に走る人もたくさんいます。

しかし浮気というのは軽い気持ちであれリスクが伴います。

既婚者の浮気はパートナーだけではなく子どもも裏切っていることになるからです。

夫婦が日常的に喧嘩をするというのもよくないのですが、大きな喧嘩に発展する場合というのは浮気が原因であることが多い傾向にあります。

そんな男女のもつれを幼い頃に目の当たりにしてしまうと、その恐怖心から子どもは純粋に恋愛をすることを避けるようになってしまいます。

私の両親も私が幼いころに2回の離婚話でもめていました。

どちらも父の浮気が原因で、傷ついた母の様子を見てきましたし、別れる別れないでもめている2人の様子を見て子どもながらに悲しかった記憶があります。

結果的には別れなかったのですが、父は母の機嫌取りをするのに必死で子どものことはほったらかしでしたし、ある程度大きくなってから見ると2人が本当に愛し合っているというよりは仮面夫婦のように見えて仕方がありませんでした。

そんな夫婦の様子を知っている私は恋愛に関しても非常に億劫でした。

もめるのが面倒、相手を気遣うのが面倒、なんでも面倒になってしまっていたのです。

好きな人がいなかったわけではありませんが、だからと言って距離を縮めたいと思うことはありませんでした。

そんな私が20代後半になったころ、幼馴染の女性と遊んでいたときに「将来を共にするならこういう存在が一番なのかもしれない」と思うようになり結婚しました。

彼女といてドキドキしたり、会えないと寂しいと思ったりする感情はそれほど感じていなかったのですが、なんとなく夫婦になるという感覚にぴったりはまったのは彼女が初めてだったのです。

そうして今では結婚5年目を迎え、娘も生まれて幸せな生活を送っています。

大人になってから自分の両親のことを思い返しましたが、やはり子どもの前で喧嘩をするのは子どもがかわいそうだというのがよく分かりました。

浮気による夫婦喧嘩を子供に見られたときの対応

浮気はいけないことで、もちろんしてしまった張本人が最も悪いのは当然です。

しかしながら夫婦だけならともかく、子どもがいる場合、どれほどパートナーに怒りがあっても子供の気持ちを思いやることを考える必要があります。

私が妻と結婚したのは10年ほど前で、すぐに息子も生まれてこれまで平和に暮らしてきました。

息子は体が弱く、妻はずっと専業主婦として子育てに専念してもらってきましたが、小学生になり、体も少し丈夫になったことからパートに出るようになりました。

そしてその頃から少しずつメイクやお洒落に凝るようになって、妻には何時までも綺麗でいて欲しいので問題はないのですが、どうやら仕事だけではなく浮気もしているようだと感じるようになりました。

スマホを頻繁にチェックする、パートが休みの日でも出かけるようになるなど、兆候はいくつもあります。

ただ察するだけで証拠はなく、そこで探偵に調査を依頼して調べてもらいました。

結果、疑いは事実であると分かり、本人にも確認する必要を感じたのです。

僕は最初、理性的に話し合おうとしたのですが、妻が逆上してしまい聞いてくれません。

そういった反応をされるとこちらも苛立ち、結果として喧嘩に発展してしまいました。

運が悪かったのは子供にその現場を見られたことで、10歳くらいだと浮気といった言葉は分かり、誤魔化すのが難しいことです。

しかしこのまま放置はいけなく、また嘘は通じないと感じて、事実をソフトにして伝えました。

声を荒げたが喧嘩ではないこと、浮気をしていると知り合いに言われてカッとなったと話しました。

幸いにもその前段階の会話は聞こえていなかったらしく、妻も息子に見られたことで冷静さを取り戻してフォローに回ってくれたので、それ以上に大きな問題にはなりませんでした。

ただ息子自身も不審を感じたのか、それからやや甘える様子を見せてきて、妻も自分に知られたのに罪悪感を持ったのか、自宅にいることが多くなりました。

一歩間違えると離婚どころか息子の心を大きく傷つけてしまったかもしれませんが、誤解して怒ったと伝えたことで一応納得してくれたので良かったです。

またこれをきっかけにして、妻も自分も息子及びそれぞれの存在、家庭が大切だと改めて感じることができました。

危機を一緒に乗り越えたからか、以前よりも確かな絆が生まれて、今はトラブルなく上手くやれています。

過ちは起こるもので、大切なのはどのように対応するかです。