浮気による夫婦喧嘩を子供に見られたときの対応

浮気はいけないことで、もちろんしてしまった張本人が最も悪いのは当然です。

しかしながら夫婦だけならともかく、子どもがいる場合、どれほどパートナーに怒りがあっても子供の気持ちを思いやることを考える必要があります。

私が妻と結婚したのは10年ほど前で、すぐに息子も生まれてこれまで平和に暮らしてきました。

息子は体が弱く、妻はずっと専業主婦として子育てに専念してもらってきましたが、小学生になり、体も少し丈夫になったことからパートに出るようになりました。

そしてその頃から少しずつメイクやお洒落に凝るようになって、妻には何時までも綺麗でいて欲しいので問題はないのですが、どうやら仕事だけではなく浮気もしているようだと感じるようになりました。

スマホを頻繁にチェックする、パートが休みの日でも出かけるようになるなど、兆候はいくつもあります。

ただ察するだけで証拠はなく、そこで探偵に調査を依頼して調べてもらいました。

結果、疑いは事実であると分かり、本人にも確認する必要を感じたのです。

僕は最初、理性的に話し合おうとしたのですが、妻が逆上してしまい聞いてくれません。

そういった反応をされるとこちらも苛立ち、結果として喧嘩に発展してしまいました。

運が悪かったのは子供にその現場を見られたことで、10歳くらいだと浮気といった言葉は分かり、誤魔化すのが難しいことです。

しかしこのまま放置はいけなく、また嘘は通じないと感じて、事実をソフトにして伝えました。

声を荒げたが喧嘩ではないこと、浮気をしていると知り合いに言われてカッとなったと話しました。

幸いにもその前段階の会話は聞こえていなかったらしく、妻も息子に見られたことで冷静さを取り戻してフォローに回ってくれたので、それ以上に大きな問題にはなりませんでした。

ただ息子自身も不審を感じたのか、それからやや甘える様子を見せてきて、妻も自分に知られたのに罪悪感を持ったのか、自宅にいることが多くなりました。

一歩間違えると離婚どころか息子の心を大きく傷つけてしまったかもしれませんが、誤解して怒ったと伝えたことで一応納得してくれたので良かったです。

またこれをきっかけにして、妻も自分も息子及びそれぞれの存在、家庭が大切だと改めて感じることができました。

危機を一緒に乗り越えたからか、以前よりも確かな絆が生まれて、今はトラブルなく上手くやれています。

過ちは起こるもので、大切なのはどのように対応するかです。